幼い子供達は、限りない可能性と創造力を持ち合わせております。自立心を養い健康で陽気な子供を育てるために、集団生活の場所を通して持って生まれた天分を助長し、小さな芽を大切に「生み育て」てやりたいものです。

昔から「三つ児の魂百まで」と云われますが、いつの日か子供達も社会へ羽ばたき巣立って行くのです。
子どもの成長は昔も今も変わらず、その生涯の支えとなるものを、今の幼児期にしっかりと養ってもらい、明るく元気な子どもに育ってもらいたい、育てたいものです。
子供達の小さな芽生えが、双葉になり健やかに若葉を身につけて若木に育って、将来社会に貢献する用木のように成人することを心から念願しております。
単に知的向上のみならず、子供らしい心身の調和のとれた望ましい幼児教育に、微力ながら挺身してまいりたいと思います。

白梅幼稚園
理事長 斉藤武志
園長 田代清隆

最近の投稿